1. ひとり。ひとりの人。

    1. 「代助は人類の―として」〈漱石それから

  1. その土地や分野で第一であること。

    1. 「十ヶ年立たぬうちに五千両の分限にさされ、―の才覚者といはれ」〈浮・永代蔵・二〉

  1. 右大臣の異称。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース