《「介」は個・箇の意の「个 (か) 」に通じて一人の意、また「芥 (あくた) 」にも通じて微小の意という》一つのつまらないもの。「一介の学生」

出典:青空文庫