1. ばくち・双六 (すごろく) で二つの賽 (さい) を振って、その目に一と六とが同時に出ること。

  1. 毎月の一と六のつく日。江戸時代以後、休日・稽古 (けいこ) 日・縁日などにあてられた。一六日 (いちろくび) 。

  1. 一六勝負」の略。

  1. 一六銀行」の略。