(多く、下に打消しの語を伴って用いる)ごくわずかであることのたとえ。ほんの少し。「一分一厘の狂いもない」「一分一厘違わない」

出典:青空文庫