• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代、地頭職の分割相続によって、その一部分を持つ地頭。半分地頭・三分二 (さんぶに) 地頭などともよばれた。子地頭。