1. 大きい一つの声や音。ひとこえ。

    1. 「汽笛―新橋を」〈大和田建樹鉄道唱歌

  1. の構成部分の一。シテの登場、舞のかかりなどに謡う定型的な短い謡。

  1. 能の囃子事 (はやしごと) の一。シテの登場などに際して、大鼓・小鼓に笛を吹き添えるもの。

  1. 狂言の囃子事の一。能がかりの登場に用いる。

  1. 歌舞伎囃子の一。能と同じく、大鼓・小鼓・能管による。大海・深山の幕開き、道具替わり、舞踊の主役の登場などに用いる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫