• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一天四海の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天下のすべて、全世界の意。▽「一天」は天の下すべて、一つの天下、天下全体。「四海」は四方の海の意。転じて、天下・全世界の意。
出典
『平家物語へいけものがたり』一
用例
平治の乱後、清盛の位階はとんとんと進んでやがて従一位太政大臣となり、「一天四海を掌たなごころの内に握られたり」と<唐木順三・「天下」と「世」>

一天四海の解説 - 学研 四字熟語辞典

天の下と四方の海の意から、全世界。
注記
「一天」は、天下のすべて。「四海」は、四方の海。
出典
『平家物語へいけものがたり』一
用例
只雑誌「明星」の読者を除ける一天四海の恒河沙人は必しも仮名遣改定案の愚挙たるを知れりと言ふべからず。〈芥川龍之介・文部省の仮名遣改定案について〉

一天四海の解説 - 小学館 大辞泉

《天の下と四方の海の意から》全世界、または日本全国。天下。

「―の内のみか、人の国まで日の本に」〈謡・盛久

キーワード[全国・世界・世界中]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。