• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「北史」祖瑩伝から》機 (はた) 織りでいろいろの柄 (がら) を織り出すように、独自の言論や文章を編み出して一派を立てる。