• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《江戸時代、揚げ代が18匁 (もんめ) であったところから》囲ひ女郎の異称。

  1. 《笠 (かさ) の直径が1尺8寸(約54.5センチ)であったところから》笠雲の異称。

    1. 「西国の―といへる雲行きも」〈浮・永代蔵・四〉