• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物事の程度の一つの段階。多く副詞的に用いる。ひときわ。

「先の男に―まして、仁王を作り損じたる如くなる武者の」〈太平記・一七〉