• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天台宗の観想法。一切の存在には実体がないと観想する空観 (くうがん) 、それらは仮に現象していると観想する仮観 (けがん) 、この二つも一つであると観想する中観 (ちゅうがん) を、同時に体得すること。円融三観。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉