一心不乱の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何か一つのことに心を集中して、他のことに心を奪われないさま。一つのことに熱中して、他のものに注意をそらさないさま。
句例
一心不乱な姿、一心不乱に勉強する
用例
かくてようやく底の見えてきた句稿の選にさらに一心不乱に取りかかった。<高浜虚子・柿二つ>
類語
一意専心いちいせんしん 一心一意いっしんいちい 一心一向いっしんいっこう
活用形
〈―ナ〉

一心不乱の解説 - 学研 四字辞典熟語

他の事に心を乱されず、ただ一つの事に心を集中させて打ち込むさま。
注記
もとは、仏教のことば。
用例
市九郎は一心不乱に槌つちを振った。槌を振っていさえすれば、彼の心には何の雑念ぞうねんも起こらなかった。〈菊池寛・恩讐の彼方に〉
類語
一意専心いちいせんしん 一生懸命いっしょうけんめい 一所懸命いっしょけんめい 無我夢中むがむちゅう 無二無三むにむさん

一心不乱の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]心を一つの事に集中して、他の事に気をとられないこと。また、そのさま。「一心不乱に祈る」「一心不乱に研究する」

[励ましたり、褒めたり/努力する]カテゴリの四字熟語

キーワード[熱心]の四字熟語

出典:青空文庫