• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 臨終のときに一度だけ阿弥陀仏を念ずれば、極楽に往生するということ。

  1. 浄土真宗で、阿弥陀仏の名号を唱えていれば極楽に往生できるということ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉