• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 指先で一度つまむこと。また、その程度のわずかな量。「塩を―入れる」

  1. 相手をたやすく負かすこと。「―にしてやる」

[補説]料理で「塩一つまみ」などという場合は、多く、親指・人差し指・中指でつまんだ量を指す。