一攫千金の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一度にたやすく大きな利益を手に入れること。一つの仕事で巨利を得ること。▽「一攫」は一つかみの意。「攫」を「獲」と書くのは本来は誤用。「千金」は大金の意。非常に高価、貴重なことのたとえ。
句例
一攫千金のもうけ話
用例
本土での食いつめ者や一攫千金を夢みる奸商かんしょうどもが入りこんで、<杉本苑子・決断のとき>
類語
一攫万金いっかくばんきん

一攫千金の解説 - 学研 四字辞典熟語

一度に労せずして多額の利益を得ること。
注記
「一攫」は、一つかみ。「千金」は、大金の意。
表記
「一攫」を「一獲」と書くこともあるが、本来は誤り。
対義語
一擲千金いってきせんきん

一攫千金の解説 - 小学館 大辞泉

《一つかみで大金を得る意》一度に、しかもたやすく大きな利益を得ること。「一攫千金を夢みる」

[補説]「一獲千金」とも当てて書く。

[喜怒哀楽を表す/喜ぶ/喜ぶ内容]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[金銭・財産]の四字熟語

キーワード[利益・利害]の四字熟語

出典:青空文庫