• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一文不通の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一つの文字も読み書きができないこと。一つの文字すら通じわかっていない意から。▽「文」は文字の意。
用例
澄元契約に使者に行った細川の被官の薬師寺与一というのは、一文不通の者であったが、天性正直で、<幸田露伴・魔法修行者>
類語
一字不識いちじふしき 一文不知いちもんふち 無学文盲むがくもんもう

一文不通の解説 - 学研 四字熟語辞典

文字の一つも通じない意から、読み書きがまったくできないこと。
注記
「一文」は、一文字のこと。

一文不通の解説 - 小学館 大辞泉

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。