• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一日千秋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に待ち遠しいことのたとえ。ある物事や、人が早く来てほしいと願う情が非常に強いこと。一日が千年にも長く思われる意から。▽「千秋」は千年の意。「日」は「にち」とも読む。一般には「一日千秋の思いで待つ」と用いる。もと「一日三秋」から出た語。
出典
『詩経しきょう』王風おうふう采葛さいかつ
用例
早く十一月十二日よおいで、一日千秋の想いで待っている者があるのを、可哀かわいそうと思わないのか。<武者小路実篤・愛と死>
類語
一日三秋いちじつさんしゅう 一刻千秋いっこくせんしゅう 三秋之思さんしゅうのおもい

一日千秋の解説 - 学研 四字辞典熟語

一日が千年に思われるほど待ち遠しいことのたとえ。
注記
「一日千秋の思いで待つ」という風に用いる。「一日」は、「いちにち」とも読む。「千秋」は、千年のこと。もとは「一日三秋いちじつさんしゅう」から出たことば。
出典
『詩経しきょう』王風おうふう・采葛さいかつ
用例
玄白は…ターヘルアナトミアを手にして以来、腑分の日を、一日千秋の思いで待っていた。〈菊池寛・蘭学事始〉
類語
一日三秋いちじつさんしゅう 一刻千秋いっこくせんしゅう

一日千秋の解説 - 小学館 大辞泉

《「秋」は年の意》1日が非常に長く感じられること。待ちこがれる気持ちが著しく強いこと。一日三秋。いちじつせんしゅう。「一日千秋の思い」

[揺れる気持ちを表す/待ちわびる]カテゴリの四字熟語

キーワード[待つ]の四字熟語