• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一時流行の解説 - 学研 四字熟語辞典

その時々の社会が好む嗜好しこうに応じた一時的な新しさのこと。
注記
もと俳諧はいかいのことばで、常に新しさを求め、世の移り変わりに応じて変化を重ねていく意から。
用例
だから日本におかしな形で一時流行したサルトルにしろ、彼の実存主義は第一次大戦後の心理分析主義のような形でヨーロッパ文学を支配することはありません。〈宮本百合子・討論に即しての感想〉
対義語
千古不易せんこふえき 千古不磨せんこふま 万古不易ばんこふえき 百世不磨ひゃくせいふま 不易流行ふえきりゅうこう

キーワード[新しい/古い]の四字熟語

キーワード[流行]の四字熟語