• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」顔淵から》一時の怒りのために前後を忘れ、身を滅ぼすことになる。一朝の怒りに一生を過 (あやま) つ。