• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一期一会の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。▽千利休の弟子宗二の『山上宗二記やまのうえそうじき』に「一期に一度の会」とあるのによる。「一期」は仏教語で、人が生まれてから死ぬまでの間の意。
出典
『茶湯一会集さとういちえしゅう
句例
一期一会のえにし
用例
昔より、一期一会の心を旨とする直弼なおすけじゃ。今日という日は再びなく、今日の私は、明日の私では、無いのだぞ。<舟橋聖一・花の生涯>

一期一会の解説 - 学研 四字辞典熟語

一生涯にただ一度会うかどうかわからぬほどの縁。出会いを大切にすることのたとえ。
注記
「一期」は、仏教のことばで、一生のこと。千利休の弟子が文献に表したもので、一生に一度の出会いと考えて茶会にのぞみ、相手に接せよとの茶道の心得をいう。
出典
『茶湯一会集さとういちえしゅう

一期一会の解説 - 小学館 大辞泉

《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。

[補説]書名別項。→一期一会

[人知を越えたものを表す/機会・好機]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース