• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「文中子」事君から》大きい建物が倒れようとしているのを、1本の木ではとうてい支えきれるものではない。大勢が傾きかけているときは、一人の力ではどうすることもできないというたとえ。大廈の顛 (たお) れんとするは一木の支うる所にあらず。