• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国、明代後期から清代初期にかけて行われた賦役 (ふえき) 徴収法。別々に割り当てていた賦と役を一つにまとめて銀で徴収し、簡素化と増収を図った。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉