• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 一つのかがり火。

    1. 「光明の―を点じ得て」〈漱石・野分〉

  1. いっぺんに焼くこと。

    1. 「征服者の―によって灰にならなくとも」〈寅彦・読書の今昔〉