• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一片氷心の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

俗塵ぞくじんに染まらず清く澄みきった心、また心境のこと。名利を求めず、汚れなく清らかな品行のたとえ。ひとかけらの氷のように清く澄んだ心の意から。▽「氷」は「冰」とも書く。
出典
王昌齢おうしょうれい「芙蓉楼ふようろうにて辛漸しんぜんを送おくる」(詩)

一片氷心の解説 - 学研 四字熟語辞典

ひとかけらの氷のような意から、清く澄みきった心。汚れのない品行。
注記
出典の「洛陽らくようの親友しんゆうし相あいわば一片の氷心玉壺ぎょくこに在り」による。
表記
「氷」は、「冰」とも書く。
出典
王昌齢おうしょうれい「芙蓉楼ふようろうにて辛漸しんぜんを送おくる」

キーワード[心]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。