一生懸命の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

命をかけて物事に当たるさま。本気で物事に打ち込むさま。▽「懸命」は命がけでの意。転じて、真剣に物事に当たるさま。「一所懸命いっしょけんめい」から出た語。一所懸命いっしょけんめい
句例
一生懸命に努力する、一生懸命な姿
用例
正義だの、人道だのという事にはお構いなしに一生懸命儲もうけなければならぬ。<石川啄木・時代閉塞の現状>
類語
一所懸命いっしょけんめい
活用形
〈―ナ〉

一生懸命の解説 - 学研 四字熟語辞典

命をかけるほど真剣に物事に取り組むさま。
注記
「懸命」は、命がけ。「一所懸命いっしょけんめい」から出たことば。「一所懸命」を参照。
用例
犍陀多かんだたは、早速その蜘蛛の糸を両手でしっかりとつかみながら、一生懸命に上へ上へとたぐりのぼり始めました。〈芥川龍之介・蜘蛛の糸〉
類語
一意専心いちいせんしん 一所懸命いっしょけんめい 一心不乱いっしんふらん

一生懸命の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]《「一所懸命」から》
  1. 命がけで事に当たること。また、そのさま。「―に働く」「―探しまわる」

  1. 引くに引けないせっぱ詰まった場合。瀬戸際。

    1. 「―の敵 (かたき) を防ぐ」〈風来六部集・放屁論〉

[励ましたり、褒めたり/努力する]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[命がけ]の四字熟語

キーワード[熱心]の四字熟語

出典:青空文庫