• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。一度だけ、生死の迷いの世界につながれてこの世に生を受けるが、次の世は仏になることができる菩薩 (ぼさつ) の最高位。特に、弥勒 (みろく) 菩薩についていう語。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉