《「眸」はひとみの意》「一望」に同じ。「一眸のうちに収める」

出典:青空文庫