一知半解の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

少ししか分かっておらず、十分に理解していないこと。生半可な知識や理解しかないこと。生かじり。一つの事を知っているが半分しか理解していない意。
出典
『滄浪詩話そうろうしわ』詩弁しべん
用例
麻の紋付シャツの人は一知半解であったのだと思われる。<井伏鱒二・黒い雨>
類語
言者不智げんしゃふち 半知半解はんちはんかい

一知半解の解説 - 学研 四字辞典熟語

知っているとはいえ、十分には理解していないこと。
注記
仏教では「いっちはんげ」と読む。
出典
『滄浪詩話そうろうしわ』詩弁しべん
用例
一知半解の西洋人が芭蕉をオーレリアスやエピクテータスにたとえたりする誤謬ごびゅうの出発点の一つはここにもある。〈寺田寅彦・俳諧の本質的概論〉
類語
半知半解はんちはんかい

一知半解の解説 - 小学館 大辞泉

物事の理解のしかたが中途半端なこと。なまかじりの知識。「一知半解の徒」

[揺れる気持ちを表す/残念・後悔]カテゴリの四字熟語

出典:青空文庫

キーワード[知識]の四字熟語

キーワード[なまかじり]の四字熟語