• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一碧万頃の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

海などの水面が、はるかかなたまで青々と広がっていること。▽「碧」は青・青緑・濃い青の色で、海や湖などのたとえ。「頃」は面積単位一頃は百畝ひゃっぽで、周代では百八十二アール、宋そう代では五百六十六アール。「万頃」はきわめて広いたとえ。
出典
范仲淹はんちゅうえん「岳陽楼記がくようろうのき
句例
一碧万頃の眺め
用例
わかわかしき一すじの夢より離れて眼を一碧万頃なる美術の大海に転じ、<島崎藤村・落梅集>
類語
一望千頃いちぼうせんけい 一望千里いちぼうせんり
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。