• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[1799~1855]講談師。初世。本名、中村貞之助。金城斎典山の門弟で、のちに大貞山と称された。伊達政宗と同じ独眼であったので、政宗の法名の貞山院殿によって、貞山と号した。得意とした出し物は「伊達評定」。芸名は継承されている。