• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一筆啓上の解説 - 学研 四字熟語辞典

男性の手紙の冒頭に書かれるあいさつのことば。起首。簡単な手紙をさしあげます、の意。
注記
「一筆」は、短い文章。簡潔な手紙の意。「啓上」は、さしあげる。「一筆啓上、火の用心、おせん泣かすな、馬肥やせ」と妻にしたためた徳川家康の家臣・本多重次しげつぐの手紙が有名。
用例
ほおじろのさえずりを「一筆啓上仕候いっぴつけいじょうつかまつりそろ」と聞いたりすることが、うっかりは非科学的だと言って笑われないことになるかもしれない。〈寺田寅彦・疑問と空想〉

一筆啓上の解説 - 小学館 大辞泉

「簡単に申しあげます」の意で、男子の手紙の書き出しに使う語。「一筆啓上仕 (つかまつ) り候」