• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一紙半銭の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一枚の紙と半文はんもんの銭ぜに。ごくわずかなもののたとえ。また、ごくわずかの金銭のたとえ。仏家では寄進の額が少ないことにいう。
句例
一紙半銭もおろそかにしない
用例
大仏を造るなどという大仕事は、一紙半銭といった零細な一般人の寄進だけで、埒らちのあくことではない。<杉本苑子・決断のとき>
類語
一文半銭いちもんはんせん 一銭一厘いっせんいちりん

一紙半銭の解説 - 学研 四字熟語辞典

紙一枚と銭半銭(五厘)の意から、きわめてわずかなもの、軽少なもののたとえ。
注記
元来、寺院や僧への寄進がごくわずかなことを言ったもの。
類語
一文半銭いちもんはんせん

一紙半銭の解説 - 小学館 大辞泉

《紙1枚と銭5厘の意から》ごくわずかなもの。特に、仏家で寄進の額のわずかなことにいう。「―の施し」

キーワード[金銭・財産]の四字熟語

キーワード[数量]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。