• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一葉知秋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

わずかな前兆や現象から、事の大勢や本質、また、物事の衰亡を察知すること。一枚の葉が落ちたのを見て、秋が来たことに気づく意から。▽「一葉」は一枚の葉、一枚の葉が落ちること。「知秋」は秋の来たのに気づく意。一般に「一葉いちようあきを知る」と訓読を用いる。
出典
『淮南子えなんじ』説山訓せつざんくん。「一葉の落つるを見て、歳の将まさに暮れなんとするを知る」
類語
梧桐一葉ごどういちよう 桐葉知秋どうようちしゅう 葉落知秋ようらくちしゅう

一葉知秋の解説 - 学研 四字熟語辞典

一枚の落ち葉をみて秋の到来を知るように、わずかな前兆で物事の本質や衰亡を察知すること。
注記
「一葉落ちて天下の秋を知る」の略。「一葉」は、一枚の葉。
出典
『淮南子えなんじ』説山せつざん
類語
梧桐一葉ごどういちよう
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。