• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一行三昧の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏道修行のうち、一つの修行法に決めて、それに専念して励むこと。
注記
「一行」は、一事に専念すること。「三昧」は、精神を集中し、心を安定させること。またその状態。特に念仏三昧をさす。
表記
「昧」を「味」「眛」などと書きちがえない。
出典
『文殊説般若経もんじゅせつはんにゃぎょう
類語
念仏三昧ねんぶつざんまい
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。