• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一読三嘆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

すばらしい詩文などを読んで、非常に感銘を受けること。また、そのような詩文や本のたとえ。一度読んで幾度も感嘆する意から。▽「三」は幾度もの意。
句例
一読三嘆の書
用例
あるいは同情の涙を催さしめ、またあるいは一読三嘆、机を打って快哉かいさいを叫ばしむる<穂積陳重・法窓夜話>
類語
一唱三歎いっしょうさんたん
活用形
〈―スル〉

一読三嘆の解説 - 学研 四字辞典熟語

一度読んだだけで何度も感嘆する意から、名文に接していたく感銘をうけること。
注記
「三」は、「何度も」の意。「嘆」は、感動してつくため息。
類語
一唱三嘆いっしょうさんたん

キーワード[感嘆・感動]の四字熟語

キーワード[読書・書物]の四字熟語

キーワード[文書・文章]の四字熟語