1. 能の演奏形式の一。謡曲中の要所を、小鼓 (こつづみ) ・大鼓 (おおつづみ) ・太鼓のいずれか一つの伴奏で、一人で謡うこと。

  1. 長唄囃子 (ばやし) で、小鼓1丁による独奏。歌舞伎下座音楽では、武将の出入りなどに用いる小鼓の囃子。本来は1丁であるが、3、4丁のこともある。