• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一諾千金の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

信義が厚く、裏切ることのないたとえ。また、約束を重んじなければならないたとえ。いったん承諾したら、それは千金にも値するほどの重みがあるということ。▽「一諾」はひとたび承知して引き受けること。
出典
『史記しき』季布伝きふでん。「楚人の諺ことわざに曰いわく、黄金百斤ひゃっきんを得るは、季布の一諾を得るに如かず、と」
句例
一諾千金の男、一諾千金の重み
用例
あれらは一本気だと共に、常に一諾千金のところがあるもんで、そこにはもう御都合も、理屈もない社会なのですよ。<子母沢寛・勝海舟>
類語
季布一諾きふのいちだく 千金之諾せんきんのだく
対義語
軽諾寡信けいだくかしん
故事
中国楚の季布きふはもと項羽の傘下で漢の劉邦りゅうほうを苦しめたが、信義厚い任侠にんきょうとして知られ、いったん承知し引き受けたことは確実に実行し、楚の人々から黄金百斤を得るより、季布の一度の承諾を得るほうが価値があるといわれた故事から。

一諾千金の解説 - 学研 四字辞典熟語

一度承諾したら、その約束は千金の重みがあるということ。約束は守らなければならないというたとえ。
注記
「千金」は、大金の意。
故事
中国秦末、楚の季布きふは信義に厚い任俠にんきょうで、楚の人々から黄金百斤を手にするよりも、季布の承諾を得る方がより価値があるといわれた、という。
出典
『史記しき』季布きふ
用例
人の下風に立つを潔しとしない独立不羈ふきの男であり、一諾千金の快男児である。〈中島敦・弟子〉
類語
季布一諾きふのいちだく

一諾千金の解説 - 小学館 大辞泉

《「史記」季布伝から》男子が一度承知したことは千金にも換えがたい価値があるということ。約束したことは必ず守るべきことのたとえ。

[社会との関わりを表す/真心・誠意・忠誠]カテゴリの四字熟語

キーワード[価値]の四字熟語

キーワード[承諾]の四字熟語

キーワード[約束]の四字熟語