1. ひとすじに続く道。「真実一路」

  1. (副詞的に用いて)寄り道せずまっすぐに進むこと。ひたすら。「一路帰国の途につく」

  1. 囲碁で、ある石の一つ隣。「一路左」

[補説]書名別項。→一路

木下利玄の歌集。大正13年(1924)刊。佐佐木信綱が序文を寄せている。

出典:青空文庫

出典:gooニュース