《ひとすじの道の意から》

  1. 一つの方法・手段。「ただ攻撃の一途あるのみ」

  1. もっぱらその方向ひとすじ。「増加の一途をたどる」

  1. 二つ以上のものが合一すること。「官武一途」

出典:青空文庫