[副]
  1. 他と比べて特に目立っているさま。一段と。「一際高くそびえる山」「一際声が大きい」

  1. 区別せず、ひとまとめに扱うさま。

    1. 「世の中はいと常なきものを―に思ひ定めて」〈・若菜下〉

[名]
  1. 身分や地位などの一つの段階。

    1. 「身の数ならぬ―に」〈・若菜下〉

  1. あるとき。一時。

    1. 「(雷ハ)―はいと高くなれど、後遂げのなきなり」〈大鏡・道長上〉

出典:青空文庫