《「でし(弟子)」の音変化という》

  1. 職人・商家などに年季奉公をする少年。雑用や使い走りをした。

  1. 子供を卑しめていう語。

    1. 「―唄へ、と言へば、畏まって」〈浮・一代男・四〉

出典:青空文庫