• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 2で割り切れる数。偶数。特に、さいころの目の偶数。「丁か半か」⇔

  1. 市街地を分けたもの。町。「銀座八丁」→丁目

  1. 町 (ちょう) 2」に同じ。「頂上まで五丁」

  1. てい(丁)3

  1. ちょうど。まさに。

    1. 「わしは戌で―六十」〈浄・鑓の権三

[接尾]助数詞。
  1. 和装本の裏表2ページをひとまとめにして、それを数えるのに用いる。枚。葉。「五丁の草子」

  1. 豆腐を数えるのに用いる。

  1. 料理・飲食物の一人前を単位として数えるのに用いる。「天丼 (てんどん) 一丁」

  1. 相撲・将棋などで、勝負の取組・手合わせなどの回数を数えるのに用いる。番。

  1. 挺 (ちょう) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉