• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滑稽本。梅亭金鵞作、梅の本鶯斎画。安政4年(1857)から文久3年(1863)にかけて5編5冊を刊行。江戸の遊び人仲間7人が、のんきないたずらや茶番に明け暮れる日々を描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉