七堂伽藍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

寺の主要な七つの建物。また、七つの堂のそろった大きな寺。▽「七堂」は塔・金堂こんどう講堂・鐘楼・経蔵・僧房・食堂じきどう。禅宗では山門・仏殿・法堂はっとう庫裡くり僧堂・浴室・東司とうす(便所)を指すことが多く、宗派などにより異なる。「伽藍」は寺の建物。寺院。
句例
境内に七堂伽藍が建ち並ぶ
用例
紫の袈裟けさをかけて、七堂伽藍に住んだ処で何程のこともあるまい、<泉鏡花・高野聖>
類語
堂塔伽藍どうとうがらん

七堂伽藍の解説 - 学研 四字辞典熟語

七つの堂や塔をそろえ持つ、大きな寺院のこと。その七つの堂や塔の建物。
注記
「七堂」は、寺が持つべき七つの建物。一般に、塔とう・金堂こんどう・講堂こうどう・鐘楼しょうろう・経蔵きょうぞう・僧房そうぼう・食堂じきどう(または中門ちゅうもん)をいう。禅宗では、山門・仏殿・法堂はっとう・庫裡くり・僧堂・浴室・東司とうすの七つ。「伽藍」は、梵語ぼんごからの語で、修行する場所のこと。寺の建物をさす。
用例
紫の袈裟けさをかけて、七堂伽藍に住んだところで何程のこともあるまい、活仏様じゃというて、わあわあ拝まれれば人いきれで胸が悪くなるばかりか。〈泉鏡花・高野聖〉

七堂伽藍の解説 - 小学館 大辞泉

寺院の堂宇の規模で、型どおりに七つの建物が完備しているもの。古くはふつう塔・金堂・講堂・鐘楼・経蔵・僧房・食堂 (じきどう) をいうが、後に宗派によって異なり、中堂・金堂・東金堂・西金堂・南円堂・北円堂・講堂、または三門・仏殿・法堂 (はっとう) ・僧堂・庫裏 (くり) ・浴堂・西浄(便所)などをいう。