• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

七種の節句の前夜または当日の朝、まな板の上に春の七草をのせ、「ななくさなずな、唐土 (とうど) の鳥が日本の土地へ渡らぬさきに、ストトントンとたたきなせえ」などとはやしながら包丁・すりこぎなどで叩くこと。ななくさばやし。