• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《万の中で真実なのはわずかに八つだけの意》うその多いこと。いつわり。千三つ。

    1. 「いけ年を仕って何も―を極めるにや当りません」〈鏡花・註文帳〉

  1. の異称。

    1. 「私は常々酒を好き候ふ故、日用の―と申し候」〈浄・当麻中将姫〉