• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 中臣 (なかとみ) の祓 (はらえ) の詞 (ことば) を神前で何度も読み、穢 (けが) れをはらい清めること。

  1. 万度の祓をしたという祓串 (はらえぐし) 。近世、神職が家々に配り歩いた。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉