• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

万葉集の歌の特色をなす調べ。一般的には、現実生活における素朴な感動、強い実感を率直に表現し、格調は雄健でおおらか。五七調を主とし、短歌では二句切れ四句切れが多い。賀茂真淵 (かものまぶち) は「ますらおぶり」と称した。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉