中国本土の北辺に築かれた長大な城壁。春秋時代斉 (せい) 燕 (えん) 趙 (ちょう) 魏 (ぎ) などの諸国が国境に築いたもので、始皇帝匈奴 (きょうど) の侵入を防ぐために燕・趙の長城を用いて万里の長城とした。南北朝時代から位置を南に移し、現存のものはモンゴルの侵入に備えて代に築かれたもの。河北省の山海関から甘粛省の嘉峪 (かよく) 関に至り、全長約2400キロメートル。高さ約6~9メートル、幅約4.5メートル。1987年、世界遺産(文化遺産)に登録された。長城。

[補説]中国政府は2009年、重複して建てられたり分岐したりした部分、また天然の地形を利用した部分を含めると、明代の長城の総延長は8851.8キロメートルであると発表。2012年には秦・時代のものも含め2万1196.18キロメートルと発表した。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉