• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

万里鵬翼の解説 - 学研 四字熟語辞典

はるかかなたに広がる広大な天空、遠く隔たった地への旅路などのたとえ。また、雄大な気概や勢いのたとえ。
注記
「万里」は、一万里の距離で、はるか遠く隔たった距離のこと。「鵬」は、想像上の巨大な鳥で、おおとりのこと。背中の広さは三千里、つむじ風を巻き起こして九万里を飛ぶという。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
類語
図南鵬翼となんほうよく・鵬程万里ほうていばんり